定期借家契約

定期借家契約のメリット

定期借家契約とは、募集の際に貸主が一定の賃貸借期間を定め、契約期間満了によって更新することなく契約が終了する契約のことです。貸主が契約期間満了日の6ヶ月から1年の期間において借主に対して満了の通知…

Read more »

定期借家契約のデメリット

定期借家契約とは個別に定めた契約の期間が満了した時点でその契約が更新されることなく確定的に契約が終了するものをいいます。普通の契約と違うのは基本的に契約期間途中での解約ができないという点です。転勤…

Read more »

定期借家契約のまとめ

定期借家契約とはどのようなものか

定期借家契約とは、決められた期限のみの賃貸契約のことで、通常の賃貸契約のような「更新」はありません。貸主と借主の合意により「再契約」をして住み続けることができるケースもありますが、それ以外の場合は期間満了と共に退去する必要があります。再契約を行う場合は、更新と異なり新規契約と同じ扱いになるので、再度敷金・礼金がかかります。 契約期間は物件によりさまざまで、3~6カ月といった短いものから5~10年と長期にわたるものもあります。通常の賃貸契約ではおおむね2年程度で更新する必要があるのに対し、長期契約の定期借家では決められた期間内は更新なしで住み続けられるというメリットがあります。ただし、途中解約をする場合は解約料がかかることがあるので注意が必要です。

どんな人に向いているか

定期借家は決められた期間しか住むことができないため、長く住みたい人からは敬遠されてしまう傾向があり、入居者探しに苦労しているケースも少なくありません。そのため、同じ条件の他の物件に比べ家賃を安く設定してあることが多く、良い物件に安く住みたいという人にはとても魅力があります。 比較的短期間の居住になるので、転勤や進学などそこに住む期間が限られている人には特に向いているといえるでしょう。自宅を建て替えるのでその間居住する仮住まいを探している、という人にもうってつけです。家賃を低く抑えながらも条件の良い家に住める可能性が高まります。1か所に長く住むよりいろいろな街で暮らしてみたいという人にもメリットのある方法です。

短期賃貸借契約

短期賃貸借契約のメリット

短期賃貸借契約に大きな人気が集まっているのは、それだけ魅力があるからといえるのではないでしょうか。「短期」というと、なんとなく忙しないなどのマイナスのイメージを持つ人も多いかもしれませんが、決して…

Read more »

短期賃貸借契約のデメリット

賃貸契約と言うのは多くの場合、そこそこ長いことが前提になっていたりします。また、長く借りる契約であればあるほど安くして貰うことができる可能性が高くなるのもまた事実になります。しかし、短期賃借契約と…

Read more »

短期賃貸借契約のまとめ

マンションやアパートを借りるときに賃貸契約をします。これは不動産に出ている物件を利用するのが一般的で物件のオーナーに依頼をして貸してもらえるのが特徴です。上記のものとは別に短期賃貸借契約と呼ばれる…

Read more »

札幌の賃貸物件は人気が出てきています

今、札幌の不動産が人気が出てきています。従って札幌の賃貸物件も良い物件が多くなっています。特に地下鉄駅に近い交通アクセスの良い物件は人気があります。

© Copyright Fully Furnished Apartment. All Rights Reserved.