定期借家契約のメリット

契約期間満了により、確実に賃貸借契約が終了する

定期借家契約とは、募集の際に貸主が一定の賃貸借期間を定め、契約期間満了によって更新することなく契約が終了する契約のことです。貸主が契約期間満了日の6ヶ月から1年の期間において借主に対して満了の通知を行うことにより、借主は退去することとなります。また、1年未満の契約も可能で、その場合は、賃貸人による通知は必要なく、期間の満了により契約が終了します。定期借家契約施行前の賃貸借契約では、正当事由が存在しなければ、貸主から更新契約を拒否し難い契約となっていました。
また、更新がありませんので、そのまま住み続ける場合は、双方合意により敷金・礼金・仲介料などを支払い、再契約することになります。貸主は立退料などを支払う事なく借主に退去してもらうこともできるし、再契約をすることもできるのです。
これまでは、立退きなどの問題から短期間の賃貸が難しかった物件も、定期借家契約を利用する事で貸出しやすくなったのです。

基本的に契約期間内の途中解約はできない

借主は、いったん契約したら期間中は必ず借り続けなければならないということが前提となっているので、期間内の途中解約は原則できません。ただし、居住用建物で床面積が200平方メートル未満のものは、やむを得ない事情で、生活の本拠として使用する事が困難になった場合は、中途解約の申し出ができることとなっています。
しかし、貸主の事情で、契約期間が定められているため、一般の賃貸物件よりも期間的な制約を受ける自由の効かない契約であるので、周囲の相場よりも割安な価格となっている物件も多いようです。借主にとっても、契約期間の条件等が合えば、グレードアップした賃貸物件に割安に住む事ができるメリットがあるかもしれませんね。

© Copyright Fully Furnished Apartment. All Rights Reserved.